黒潮町に暮らす人たちのインタビュー

黒田 徳信 さん (漁業) インタビュー

2019年3月1日 0時00分 公開2021年7月1日 0時00分 更新

もっと魚のことを知りたくて


 


 

 

●一日の流れ●

 5:00  起床、日の出前頃漁に出る
 9:00  帰港(日によって再度漁に出ることも)
11:00 丘で作業
15:00 終業、昼寝等ゆっくり過ごす
18:00 夕食、友人と酒盛り
21:00 就寝

 

●一ヶ月の生活費●

家賃        25,000円
光熱水費        4,000円
食費        30,000円
通信費       13,000円
自動車・交通費   15,000円

 

黒田 徳信さん(26才)
 

移住年:2015年
家族構成:単身
移住前:兵庫県
移住先:黒潮町佐賀

 

〇黒潮町に移住したきっかけはなんですか?

地方に住みたかったということもありますが、前職が飲食だったので食材に興味を持っていて、その中でも「もっと魚を知りたい!魚の目利きを勉強したい!」と思い漁師を目指しました。漁業セミナーを受けたときに担当の方から紹介してもらったのが黒潮町だったんです。

 

〇実際に移住するときのアドバイスをお願いします。

やっぱり何回か足を運んだ方が良いと思います。僕は実際何度か来ていました。場所によっては利便性の良い悪いがあるので立地なんかの下調べもしておいた方が良いと思います。

 

〇移住して良かったことはなんですか?

大好きな海のそばでゆっくり過ごせているので良かったです。港町にも来たかったですし、元々地方でゆっくりしたい思いもあったので。

 

〇移住して苦労したことはなんですか?

仕事の都合で地域の行事に参加できないことが多いことかな。ただ僕が漁師をしていることを知っているので地域の方から「仕事やけん出れんもんね」と、言わなくてもわかってくれているので助かります。行事へ出られなくてもその後の飲みけ(打ち上げ)があれば出てお酒を飲ませてもらってますけどね(笑)

 
〇地域へのとけこみ方はどうされましたか?

素直にいったら地域の方も素直に受け入れてくれて可愛がってくれる。僕の場合は若いので何かと気にかけてくれることが多いですね。もっと土佐弁・幡多弁を覚えて更に近づけるようになりたいです。
 
 
〇移住される方へメッセージをお願いします。

田舎暮らしは思ったより忙しいです。地域の方と仲良くしたり行事に参加したりして積極的に交流することで、自分自身も住みやすくなると思います。

 

 

 

この情報はお役に立ちましたか?

このページの内容は役に立ちましたか?

    

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

  • 黒潮町役場 企画調整室 地域振興係(移住支援担当)

    〒789-1992 高知県幡多郡黒潮町入野5893番地
    電話番号:0880-43-2177
    E-mail:10211010@town.kuroshio.lg.jp

TOPへ